車査定をする時にしっておきたい注意点

車査定 注意点

 のりすけ

のりすけ
車を乗り換えようと思っていて、今の車を査定をしようと思うんだけど注意点とかってあるのかな?

 カナ子

カナ子
車を売る時に、全く知識が無いと納得のいく金額で買い取ってもらえない事が多いので、注意点はしっかりと知っておいてくださいね!
どういう事に注意すれば良いのかをお話していきますね。

愛車の乗り換えや、手放す事が決まった時、下取りや買取の査定に出しますよね。ですが、その前に、あなたご自身や、手放す愛車の準備は整っていますか?何の知識や準備も無く、いきなり買取店などへ持ち込んだり、査定士に家まで来てもらって査定をしてもらうのはとんでもないことです。

ある程度の予備知識と、最低限の準備をしてからでないと、数万円から数十万円もの損をする事になるかもしれません。では、何をどのようにしてお店側との交渉に臨めばよいのか?具体的なポイントを押さえておきましょう!

車査定をする前に知っておきたい注意点

さぁ、いよいよ愛車を手放す事が決まりました。でも、一体何をどうすると良いのだろう!?そもそも、下取りと買取って、何がどう違うの?

下取りとは?

ディーラーや販売店などで次の車を購入する際に、現在の車を下取(買取)ってもらう事で、その価格分を新しいクルマの支払総額から差し引いて計算する。

買取りとは?

車両購入とは別に、現在の車を手放すひとつの手段で、買い取り専門店などで査定をしてもらう事により、下取りより高値で引き取ってもらえる事が多い。

査定は下取りではなく買取店に申し込む

ディーラーでの下取価格は、車の買取業者と比べるとかなり差があり、買取店よりは低いと言えます。でも、なぜユーザーの中に下取りを選ぶ人がいるかというと、新車を購入するまでの手間が少ないことと、営業マンとの信頼関係があることが大きな理由です。

ディーラーへ下取りに出す人は営業マンとは仲良く、付き合いもある場合が多いので、買取金額を求めるよりも、付き合いを考えます。しかし、それ以外の人は全くそんな事は関係なく、ただ単純に高い金額で買い取ってほしいという気持ちしかないと思います。では、ディーラーでの下取りと買取店のそれぞれの仕組みから見ていきましょう。

販売店での下取価格提示のしくみ

販売店業界での一定のマニュアル通りに、その車の車種・年式・色・グレード・走行距離・事故修復歴などの有無、などによって、データベースにある最低ラインの金額が提示されます。

買取店での買取価格提示の仕組み

CMなどでも頻繁に見聞きする買取店では、その車の情報としては、下取り同様のデータベースから算出しますが、さらに、人気や程度状態などからプラス査定として、下取見積価格よりも上乗せしてもらえる可能性が高いです。

これは、業者側の競争の原理に基づくもので、業者側としては、他店よりも少しでも高く買い取る事により、中古車という品物の入荷や流通量を増やし、更にユーザー間での情報交流などによる知名度の向上にもつながるためです。

査定は必ず複数社で行う

上記の「競争の原理」という事からも、各業者間でのお客の取り合い、中古車という品物の奪い合いはし烈です。人気がある車や、程度の良いクルマなどは、次のユーザーにも高く売れる「商品」となるので、どこの業者も欲しい物です。

そういう意味からも、買取店での見積査定は、必ず、複数の業者、お店で取るようにするのが、少しでも高く売りたいユーザー側の鉄則です!

車査定 交渉術
車を売るぞー!と思ったら、まず査定をお願いしますよね。その1回の査定で満足して、売ってしまおうと思っていませんか?買取額...

一括査定に申し込む場合は電話連絡が多くある

インターネットなどで、「一括査定」という言葉を見聞きしたことがあると思います。これは、複数社で査定をしてもらうのが鉄則と言っても、実際にユーザーご自身で複数の業者へ個別に連絡をしたり、何度も出向いたりして買取査定をしてもらうのは、とても大変な時間と労力が必要です。

そこで、買取業者とたくさん提携して、ネット上で一括査定の申し込みができるサービスが増えてきました。ネット上にある一括査定のページに、売ろうとしている愛車の情報などを入力して待っているだけで、専用ページを開設した業者側で、数社から十数社へ同時に買取査定を申し込む事ができる!という大変便利な物です。

しかし同時に、ネット上で査定を申し込まれた、たくさんの各業者からユーザーへ直接の電話連絡が来る!という事でもあります。これは、一度に複数の申し込みと数社同時に査定が出来るという便利な反面、回答の電話連絡も複数社から査定の日時を決めるために、頻繁に届いてしまうという、ユーザーにとっては大変煩わしい場合も有ります。

一括査定のメリット

  • 無料で、一度の登録で数社から数十社もの同時見積が可能
  • 自宅まで出張査定に来てもらえる場合が多い
  • 業者間で競争するため自分で交渉しなくても値段が上がる
  • 車の種類などによって、その車の買取が得意な業者が見つかる

一括査定のデメリット

  • 登録したユーザー宛に直接、電話連絡が何度も来る
  • 多数の業者が繰り返し連絡をしてくるので対応が大変
    ※電話対応が困難な場合は、登録時に予め対応可能な時間帯や、メール回答希望などの要望を伝える事でトラブルを回避できます。

査定日は同時に行う

このように、大変便利な一括査定ですが、もっと便利な機能が「同時出張査定」です。同時出張査定とは、複数の業者が同時刻に自宅などに来てもらって「出張査定」をしてもらう事です。

同時出張査定のメリット

  • 何度も対応する手間が省けるなど、時間面の効率が良い
  • 目の前で競合させることができる
  • 強引な交渉をする業者を避ける効果がある

同時出張査定のデメリット

  • 査定依頼業者数が減る(同時査定を嫌う)可能性がある
  • 査定依頼業者が多いと管理が大変
  • 査定額が付かない車の場合、依頼できる業者が少なくなる

メリット/デメリット両方に共通している点があり、強引な悪徳業者や、安く買い取ろうとする業者など、ユーザーにとって不利益となるような業者を排除して絞り込み、優良業者同士で競い合わせて、高値を勝ち取れるという効果も期待できます。

即決してはいけない

このような業者との取引の中で、「今すぐ契約してくれればこの金額が可能!」などの提案はありがちですが、絶対に即決は避けてください。なぜなら、自動車買取ではキャンセルが出来ない場合がほとんどで、消費者保護法のクーリングオフが適用されないからです。

後になって無用なトラブルを避ける為にも、その場での即決はやめましょう。無理をしたり、いい顔をしたりしてその場で決める事はありません。店頭へご自身で出向いての複数社への競合見積査定の場合も、自宅などへ業者を呼んでの複数社同時出張査定の場合も、それぞれの業者から見積を出してもらった上で、「一番高い値段を付けてくれた業者に、後程連絡します」という回答方法が、最も賢明です。

車査定をする時に知っておきたい注意点

車を査定する際に、正しく知って損をする事の無いように、以下に簡単な注意点をまとめてみました。

  • 業者にとって買取車両は商品なので、少しでも安く買って高く転売したい
  • 業者同士を競合させないと、足元を見られて安く買い取られてしまう
  • ネット上に多数ある同時査定サービスは、大手が含まれているものを選ぶ
  • 同時査定サービスでは、査定依頼を申し込むと電話がすぐにかかってくるので注意
  • 車の状態は、なるべく綺麗で純正のままが好ましく、付属品は揃えておく

などなど、ツボを押さえて高額査定を引き出しましょう!

査定金額の内訳をしっかり確認する

ここまできて、ようやく納得のいくレベルの査定の見積もりが揃いそうですが、買取価格そのものの大小で一喜一憂するよりも、なぜその金額なのか?という内容を確認する事も重要で、本来手元に戻るはずの金額が含まれないケースもあり、注意が必要です。実は、中古車の査定金額の内訳の中には、車体金額以外に様々なものが入っています。

例えば、自動車税・リサイクル料・保険料などが、車体金額以外の「内訳金額」として含まれることの多い代表的なものです。本来受け取れるべき金額が不当に搾取されてしまうということのないように、しっかりと内訳を出してもらうようにしましょう。

売却後に返金請求などがないか念押ししておく

ようやくこぎつけた高額査定!よかった、こんなに高く買い取ってもらえる!と喜ぶのはまだ早いです。中には、契約完了後になって、査定時に無かった不具合が見つかった!などと何かと因縁をつけて返金を要求してくる業者も存在するようです。

その場の査定では見つける事の出来ない内部の損傷や部品の破損等など、様々な手口があるようなので、契約の前に「売却後の返金請求は無いか?一方的な金額の変更は無いか?」を、出来れば書面上でもしっかりと確認する事が重要です。

リサイクル料金や自動車税について確認しておく

ようやくゲットした査定見積書。その査定金額の中でも、内訳として車体金額の次に大きな割合を占めるのが、自動車税とリサイクル預託金です。

自動車税の確認

自動車税の支払は1年単位になっており、3月31日を超えて所有していた場合には、その時点での持ち主が、その年度1年間の自動車税を支払う義務があります。しかし、その年度の途中で車を売却し、自分の所有物ではなくなった場合には、差額として余分に支払い済の自動車税を還付してもらうことができます。

この還付金は、車両売却時の査定額の中に含まれる場合が多いですが、念のためにしっかりと内訳を出してもらい、きちんと戻るかの確認が必要です。自動車税の還付金は、口頭や書面で説明されることが多いようですが、業者によってまちまちというケースは少なくありませんので、トラブル防止のためにもしっかり確認しておきましょう。

納税証明書紛失の場合

車を売るときには自動車税の納税証明書が必要です。車は法的に所有権が定められているので、売却や譲渡の際には、必ず名義変更を行う必要があります。名義変更手続きには、自動車税の納税がちゃんと完了できていることが必要なので、車を売るときには必ず納税を証明できる領収書が必要です。

万一、車両売却時に納税証明書を紛失している場合は、車を引き渡すとき、もしくは査定の前までに、県税事務所などで再発行をする必要があります。業者に相談してからでも良いでしょう。

リサイクル預託金の確認

リサイクル預託金に関しても、自動車税同様に査定額に対して、内訳の中で大きな割合を占めています。リサイクル預託金とは車を廃車にした場合にリサイクルにかかる金額を前もって払っておく制度のことで、平成17年に施行された自動車リサイクル法によって定められました。

リサイクルと言っても実際には廃車ではなく、中古車として売却した場合にはリサイクルが必要ないため、前もって払っておいたリサイクル預託金は還付されることになります。

還付を受けられる条件は、リサイクル預託金の支払い時に受け取った「リサイクル券」をきちんと保管して持っていることです。持っていない場合は、預託状況の証明を取って買取業者に提示することで還付が受けられます。

買取業者によっては還付金を買取価格の内訳に含めない業者も存在するため、査定を受ける際は内訳を必ず、見積り内容の内訳まで十分に確認しましょう。

リサイクル券紛失の場合

リサイクル券は紛失しても問題なく車を売ることができ、リサイクル料金の預託状況は、「自動車リサイクルシステム」という団体のインターネット画面から、必要事項を入力する事で確認ができます。

その確認画面を印刷することで、リサイクル券の代わりに利用することができますので、もし紛失してしまっても問題は無く、自動車リサイクル券の再発行は必要ありません。

車査定 書類
いざ車を売る!となっても、車を持っていけばいいだけではないのです。車検証だけでなく、そのほかにも必要な書類があります。今...

一括査定で最高の買取価格をゲットしよう!

ここまでご覧いただき、単純に車を手放すという事、さらに少しでも高く売却をするという事が、知識なし経験なしでは非常に困難だという事がお分かりと思います。

このような事前知識があるのとないのとでは大違いで、業者側の立場からも、いろいろきちんと知っているユーザーだという印象が、査定の態度や価格にも反映される事は間違いありません。

大きく差の出る買取価格ですから、しっかりとした知識で武装して、買取業者との交渉に打ち勝ちましょう!

関連記事

車査定 書類

車査定に必要な書類!売却手続き時やローンが残っている場合の必要なものも

車査定 メールのみ

電話はイヤ!車査定をメールのみや電話なしで行う方法は?

車査定 時間

車査定の時間はどのくらいかかる?時間がなくても短時間で終わる!

車査定 トラブル

車査定で起こりうるトラブルとは?トラブルを回避する方法

追突事故 車査定

追突事故に遭った時の車査定額は大幅減?下がった分の請求はできる?

車査定 やり方

車査定のやり方!事前に知っておくべきことまとめ