車査定の前に洗車はしておくべき?買取業者のホンネ

車査定 洗車
 ミカ

ミカ
車の査定前には洗車してワックスもかけていた方が印象って良くなるかな?
 カナ子

カナ子
ある程度の洗車はしていた方が、印象が悪くならずに済みますけど、ワックスまでかける必要はないとは思います。
 カナ子

カナ子
査定士は傷がちゃんと見えれば問題ないので、負担のない範囲で洗車してください♪ただ、他にやっておきたい箇所があるのでその点も合わせてお話していきますね。

いざ愛車を手放すとなった時、車買取の査定士に診てもらって、相場やその車の現在の価値から総合的に価格を判断されますが、その時、クルマは汚れたままでも大丈夫なのでしょうか?

どうせ手放す車だし、わざわざ洗うのもめんどくさい。そんな気持ちも分かりますが、査定士側の気持ちになってみると、「いつもきれいな状態の車は、大切に扱われてきて手入れも行届いているのだろうな」となります。

反対に、手放すという大切な時にまで汚れたままの車では、「これは乗りっぱなしでメンテナンスもろくにされていない、程度の悪いクルマだろうな。最低限の適当な査定でいいや」となるのが人情です。人も車も第一印象が重要!ですが、果たしてほんとうに車査定に洗車は関係あるのでしょうか?

車査定の前に洗車はしても良いという程度

買取査定をしてもらう時に、あまりにも汚いクルマだと、傷や塗装の状態などをしっかり確認できずに嫌がられる場合があります。

そのような状態では、とても高額査定には繋がりにくいと思われますので、あまりにも忙しいなど余程のことが無い限りは、とりあえず洗車はしておく方が無難なようです。ただどの程度の洗車をしておけば良いのでしょうか?

余程きたない場合は洗車機などで軽くしておく!

もし、ご自分での手洗い洗車が面倒な場合は、軽く洗車機にかけて、表面上の汚れだけでも落としておきましょう。泥が固まって泥人形のようになっていたり、元の塗装の色が分からないような状態などは、もってのほかです。

ほんとうならば、愛着のある愛車を手放すのだから、車への愛情の意味でも、感謝の気持ちを込めて、丁寧に綺麗にしてから送り出してあげたいものです。そんなちょっとしたことでも、査定士の目にはしっかりと届いています。

洗車をするとボディの傷が良く見える!

それでは、なぜざっくりとでも洗っておいた方が良いのでしょうか?その理由として、先にも挙げたように、買取査定をするときに塗装や表面上のキズなどの状態が、キレイになっていないと分かりにくいという事があります。

なぜそれほど塗装の状態が重要かというと、明らかに分かる傷や凹みなど以外にも、事故歴や修復歴がある車両の場合、塗装面の光や反射の歪みや、塗装の状態が他の部分と異なるなど、プロにしかわからないような細かな違いが出てしまいます。

査定士側からすると、表面上の細かな傷などはあとからでも磨いて落とせる場合が多く、むしろ重要なのは、そのような大きな修復部分を絶対に見落とすわけにはいかない!という本音があります。

大きな修復歴が査定後に発覚すると、査定士や買取店側にとって莫大な損失になり、場合によっては虚位の申告をしたとして売却したユーザー側に賠償を求められる事が無いとも言えません。

ですから、汚いままの車両を査定士に見せるような場合、「何か隠し事があるのかも?」と、あらぬ疑いを掛けられマイナスになるかもしれません。

車査定 注意点
愛車の乗り換えや、手放す事が決まった時、下取りや買取の査定に出しますよね。ですが、その前に、あなたご自身や、手放す愛車の準備は整...
 ミカ

ミカ
ガソリンスタンドのコイン洗車機でもOKってことだよね♪他にはあるかなぁ?
 カナ子

カナ子
車の外側は傷や塗装面のことなので、ある程度で大丈夫ですが、実は内装に大きなポイントがあるんです!

査定前に車内清掃や消臭は必ずやっておくべき!

ヘビースモーカーの方などは特に注意が必要ですが、中古車の情報などでも「禁煙車」という項目があり、最近では「ペット無し」等の情報もあります。

外観同様に、査定の際に重要視されるのが、室内の状態や匂いです。しみ込んでしまったものや、どうしても落とせないようなもの以外は、ある程度しっかりと室内も清掃をしておいた方が、高印象に繋がる事は間違いありませんよ。

車内の臭いは重要!消臭しておく

よそのお家にお邪魔した時などにも、結構その家独特のにおいなどがあり、意外と当事者本人には気付かない場合があります。車も同様で、特に毎日乗っていると、麻痺してしまって匂いが分からなくなっている事があります。

査定の際にあまりにも臭い場合は明らかにマイナス査定となりそうなので、出来ればどなたかに確認してもらいながら、嫌なにおいなどがこもっていないか?しっかりと消臭対策をしておきましょう。

車内の臭いを消す方法

最近では、ホームセンターやドラッグストアなどでも、様々な用途向けの消臭剤などが販売されていますので、それらを活用して、出来るだけ室内のにおいは消しておきましょう。

市販の消臭剤などは、どういう訳か、カー用品コーナーで売られている物は品物としての価格が高い事が多いので、効果が同じ物なら、比較的安価な一般家庭用の品物のご使用がおすすめです。

燻煙するタイプや、オゾンやイオンの力で消臭するものなどは、結構効果が高いようで、一番多く普及しているスプレータイプの物は、すぐに匂いが戻ったりと効果が薄い事があるようです。

ステッカー・シールは剥がし液などを使ってキレイに剥がす

車が好きな人や、人と違う個性を出したい人など、ステッカーやシールをベタベタ貼っていませんか?実はステッカーやシールなどは、傷などと同様に、マイナス査定になる場合がほとんどです。

理由は、買取店としては、買った車をまた他者に売却しなければならず、大切に商品となる為で、出来れば、メーカーから販売されたままの純正に近い状態が最も好ましいとされているからです。

お気に入りのステッカーなどが残っている場合は、市販のスプレー剥がしスプレーや、スクレーパーと呼ばれる工具などを使用して、車体に傷をつけないように気を付けながら、なるべく綺麗に落としておきましょう。

塗装面や内装などにベッタリと貼ってしまってあって、剥がす事が難しいような場合は、塗装を傷つけてしまっては元も子もないので、自分では触れずに査定士に伝えても良いかもしれません。どうしてもステッカーを張りたい場合には、比較的剥がしやすい窓ガラス部分に限定してに貼るのもおすすめです。

車内清掃しておいたほうが良い場所

査定の際に室内を綺麗にしておく重要性は前に記しましたが、その時意外と見落としやすいのが、エアコンの吹き出し口など、空調周りです。結露などで、この部分や深層内部等にカビなどが発生して匂いの元になっている場合も多く、専用のエアコン用消臭スプレーなどを使用したり、吹き出し口周辺をざっと拭いて埃を取っておくだけでも、結構印象が良くなります。

また、普段手や体が触れる部分は、意外と手あかや汚れが蓄積しています。ハンドル周辺やシフトレバー、サイドブレーキやドアハンドルなど、また前後左右の各シートなども、出来れば中性洗剤などで拭き上げて汚れを落としておきたいところです。

手垢やちょっとした油汚れ程度の場合、台所用の洗剤や洗濯用の洗剤などを薄めてタオルに浸して擦るだけでもきれいになります。

車査定 掃除
いよいよ愛車を手放す事を決めて買取査定士に診てもらうとなったその時、車は綺麗にしておいた方が良いのでしょうか?それとも、...

まとめ

いかがでしょうか?単純に査定の際には洗車をするかしないか?その答えは、もちろんしておいた方が良い。という結論になりましたが、少しでも愛車を高く売りたいのであれば、ちょっとの手間も惜しくは無いはずです。

もうひとつ、洗車の仕上げにゆとりがあればきれいにしておきたいのが、トランクルームと、エンジンルームです。

査定の際には、業者側も不具合個所を見落として損をしてはなりませんので、実にさりげなく、重箱の隅をつつくように見ています。トランクルームは色々な荷物が積まれる事が多く、その部分の状態を見るだけでも、オーナーの車への接し方が分かる場合もあります。

せっかく室内まできれいに仕上げても、トランク内にペットの毛や野菜のくずなどが散乱していると、マイナスポイントになりかねません。また、エンジンルームは「機関」としてとくに重要な部分なので、最後ぐらいはボンネットを開けて、全体的にざっと拭き上げておいてあげると、手入れが行き届いているという高印象が期待できます。

同様に、給油口の内部も綺麗にしておくと完璧ですね。意外と、長年使用した車を清掃してみると、いろいろな思い出がよみがえってきたり、室内から現金などのお宝や無くした物などが出てくる場合も有り、楽しい発見もあります。それでは、愛車を手放す前に、じっくり愛情をこめて綺麗にしてあげて、高額査定を狙いましょう!

関連記事

車査定 修復歴

車査定で修復歴がある場合のマイナスは?事故車と修理車は同じ扱い?

車査定 ワンオーナー

車査定ではワンオーナーだと査定額が大きく変わる!?評価の基準とは?

車査定 ポイント

車査定で見られるポイントは?外装・内装の修理・清掃はするべき?

車査定 走行距離

車査定は走行距離によって買取額が大幅に変わる?何キロ以上がNG?

車査定 掃除

車査定の前に車内の掃除はするべき!特に臭いは重要な査定ポイント!

車査定 交渉術

車査定で買取額を20万アップさせる必殺交渉術!