車査定は何社申し込むべき?少なくても3社以上が最低ライン

車査定 何社
 のりすけ

のりすけ
車の査定をしてもらう為に、買取店を廻ろうと思うんだけど何社くらい見積もってもらったら良いかなぁ?
 カナ子

カナ子
特に決まりはないですが、車の査定でやってはいけないのが、一社だけの査定で満足してしまうことです。
大半が、複数依頼すればもっと買取額が上がるケースになるのに、手間がかかるので、その1社で諦めてしまうんですね。
 のりすけ

のりすけ
そうなんだ。じゃあ1社目で納得しても、とりあえず複数から査定してもらうことにするよ!

車の買取査定、まさか、「めんどくさいから初めのお店だけの査定で即決!」なんてこと、考えていませんよね!?そんなやり方では、大切な愛車を買い叩かれてしまい、場合によっては下取よりはマシという程度に、買取業者からしてみればタダ同然で取られてしまうかも!?

では、査定をする際には一体どのようにすると良いのか?最低限必要な知識を身に付けて高額査定を狙いましょう!

車査定では何社でも大丈夫だが、適正価格は最低3社以上は申し込むべき!

車の買取業者としては、買い取った車は中古車として転売するための大切な商品で、商品という事は、「少しでも安く仕入れて出来るだけ高く売る!」という鉄則があります。なので、査定をする場合にも、初めはなるべく安い買取価格を提示して来るのは当然です。

その時点で即決をしてしまっては、売り手側としては大損、業者側としては丸儲け!という事になってしまいます。適正な買取金額を引き出すためには、最低でも3社から見積を取ると良いとされていて、何社までしか見積は出来ないというような上限はありません。出来る限り多くの業者に査定をしてもらい、複数の見積もりの中から最善の業者を選ぶ方法がベストです。

競合他社がいないと買い叩かれる

査定をする際に最低でも3社から見積を取るという事は、とりあえず個人で街の買取店を3軒回って見積を取ればそれでよいという事ではありません。1軒目で出た見積書を2軒目に持参して交渉し、さらにそこで出た見積を持参して3軒目で交渉をして・・・という事を繰り返して、業者間での競合をする事により、納得のいく査定額を獲得する事が狙いです。

なので、買取店なら何でも良いというわけではなく、同じ会社の系列店では意味が無く、全く別の業者でそれぞれに見積りを競合させて、高額査定を引き出す事に意味があります。

インターネットの「一括査定サービス」がおススメ!

そんな大変で地道な作業を、最低でも3店舗も回って、更にそれぞれと交渉をして、満足の値段が出るまでさらに何件でも回り続けるとなると、氣が遠くなるほどの時間と労力が予測されます。そんな売り手ユーザー側の手間を省いて、一度の情報登録で複数の業者からの査定見積が得られる「一括査定サービス」が大変おすすめです。

これは、インターネット上の該当ページ内に、売りたいクルマの情報や個人情報などを入力するだけで、複数の業者宛に同時に査定の依頼をしてもらう事ができて、ユーザー側は各業者からの回答や、実際に車を査定士が見て査定する日程を決めるだけ!というユーザーにとって大きなメリットのあるシステムです。

別日ではなく、同時に査定してもらうと尚良し

一括査定の場合、複数の業者から個別に連絡が来るので、その対応に初めは追われる事になりますが、実際に車を見て査定してもらう日程は、売り手側の都合の良い日時を指定して出張査定をしてもらえます。

その際に、各業者ごとに個別にいちいち来てもらうのでは、またまた売り手側の対応が大変になってしまいますので、出来れば一度にすべての業者に来てもらって、一回の査定で済ませてしまいたいところです。

その方法のメリットは、売り手側の時間や手間が一度で済むといった都合の良さもありますが、なにより、査定する業者同士が鉢合わせをする事により、その場でオークションのように査定価格を競合させることができる!というメリットがあります。

その際に、同時の出張査定を嫌がる業者も中にはあるようですが、嫌がる業者にはそれなりの理由もあり、一対一だと強引な方法や、素人だと足元を見るような業者も存在し、それらを排除して良心的な業者だけを呼ぶ事ができる。というメリットもあります。

業者が多いと欲しがっている業者がいる可能性も

査定をお願いする業者が一社ではなく複数になる場合、中には、どうしてもその車が欲しいという状況にある業者が出てくる可能性が高まり、高額査定に繋がる確率がさらに高まります。

たまたま、その車が得意な分野の業者である場合や、丁度その車が売れてしまって次の在庫として欲しかった等、業者間の様々な事情が、売り手側にとってメリットになるケースがあります。チャンスがどこにあるか分からないので、必ず複数の業者に査定を依頼する事が賢明です。

車査定で店舗にこちらから出向いていけない理由

このように、複数の業者に査定をしてもらうという事が大前提となった場合、売り手側からわざわざ各業者の店舗に出向いて査定をしてもらうという事は、時間や労力といった物理的な面からも、大変困難を極めます。

また、業者としては、自分のお店に来てもらえれば、一括査定と違い目の前に競合店がいるわけではないので、あの手この手でユーザーをうまく丸め込む事ができるかもしれません。

巧みな話術などに惑わされて、その場で即断即決をしてしまいがちなので、売り手側からわざわざ店舗に出向いて査定をしてもらう事は、あまりお勧めな方法ではないと言う事ができます。

適正価格がわからない

売り手ユーザー側から買取店舗に出向いて交渉をする場合、提示された価格が適正な物なのかどうかを判断する事は、その場では特に難しい事です。

もしも、下取り価格程度の資料を持参して交渉に臨んだとしても、多少の上乗せをしただけで、その場で売り手ユーザーを満足させてしまう程度の技術は、百戦錬磨の買取店にとってはマニュアル通りの朝飯前です。

初めの一店舗との交渉で即決はダメ!という理由は、ここにもあります。必ず、複数の業者から見積を取り、競合をさせるという事が鉄則になります。

買い叩かれる

もしも、ご自身で買取店に出向いて査定をしてもらった場合、まずはデータベースにある価格を提示される事になり、そこから、その車に良い部分が有ればプラス査定、悪い部分が見つかればマイナス査定となって、最終的な買取価格が提示されます。しかし、どうせ素人には分からないからと、足元を見て買い叩かれるという事は簡単に想像できます。

業者側は買取のプロフェッショナルであり、少しでも安く仕入れたいので、ユーザーからは見えない部分や気付かない部分をマイナスとしたり、または、なにかと複雑で難しく分かりにくい文言をちりばめて混乱させる。等の手段も予測できます。

特に、税金関係やリサイクル券など、本来ならば売却するユーザーに返金されるべきものが還って来なかった!という話は意外と多いようです。即決は避けて、「見積書をもらってからじっくり検討します」と伝えて、次の店に向かいましょう。

即決を迫られる

買取店も商品の仕入に必死です。「今だけこの価格が出せる良いタイミングです!この場で決めてもらえれば、さらに特別に、もう少し上乗せできます!」などは、買取店の常套句です。買取店側としても、他の業者にみすみすお客を取り逃すようなミスはしたくありませんから、あの手この手でうまく契約をさせようと、さりげなく悟られないように必死の対応をしてくることでしょう。

万一そういう業者との交渉になってしまった場合には、必ず一旦頭をクールダウンして話を冷却し、「今回はご縁が無かったという事で」と、見積書だけを手に入れて、お店を後にする勇気が必要です。

なかなか帰らせてもらえない可能性も

そうは言っても、買取店側もお客を逃すという事は、お店の売上に対して損害となってしまい、業者によってはノルマも有りますから、お客が帰ると言ってもそう簡単には帰らせてくれないというケースもあります。

中には、悪徳商法まがいの強引な業者の存在も報告されているようなので、そんな場合もあくまでも感情的にはならずに、「売る気が無くなったしクルマが必要なので、後日改めて出直してきます」と伝えてやんわりと帰るのが良いでしょう。

無用なトラブルや面倒を避ける為にも一括査定がおすすめ

このように、買取業者へ個人でいちいち出向く場合は、面倒や手間がかかるだけではなく、業者側の思うツボになってしまうケースも多々あります。

そのような状況を避けて、最も売り手側の有利な展開に事を運び、高額査定をつかみ取り、無事に車両の売却を完了する為には、やはり、一度に複数の業者との交渉が可能な「一括査定」がベストと言えます。

ご自分の車の売却相場や、最低ラインの価格などを知らなくても、一度申し込むだけであとは業者側がどんどん競合して価格を上げてくれて、最終的には最も高額な価格で売却の契約ができてしまうという、夢のような一括査定を、是非試してみましょう。

関連記事

車査定 交渉術

車査定で買取額を20万アップさせる必殺交渉術!

車査定 高く売る

車査定で高く売るコツは?知らないと10万円以上損しているかも!?

車査定 修復歴

車査定で修復歴がある場合のマイナスは?事故車と修理車は同じ扱い?

車査定 サンルーフ

車査定でサンルーフ車が高評価!どのくらい差があるの?

車査定 洗車

車査定の前に洗車はしておくべき?買取業者のホンネ

車査定 基準

車査定は何を基準に算定される?業者がチェックする部分