電話はイヤ!車査定をメールのみや電話なしで行う方法は?

車査定 メールのみ
 のりすけ

のりすけ
車を売るために一括査定に申し込もうと思うんだけど、申込んだ途端に買取業者から電話がたくさんかかってくるって本当なの?
 カナ子

カナ子
確かに一括査定だと、そのような事があるのは事実です。ただ、買取業者も査定の日時を決めたいのと、お客様を他の買取業者に取られないようにするための電話なので、乱暴な電話とはまた違いますが。
 のりすけ

のりすけ
もし、電話が出れない時間帯にかかってくるのもイヤだから、メールのみで査定を終わらせることはできないのかなぁ?
 カナ子

カナ子
そうですね。じゃあ今回はメールのみでの査定や、買取業者からの電話について詳しくお話していきますね♪

インターネットの「無料一括査定」に登録してみたら、直後からビックリするぐらいの電話がかかってくるようになって困った!などという情報が頻繁に見受けられます。

これは、査定を依頼した業者から一斉に確認の電話が来てしまう為に起こるトラブルですが、実はある方法を使う事により、電話がかかってくる件数を減らす事ができるのです。

一括査定だけあって、たくさんの業者に依頼している為、電話がたくさんかかってくるのは仕方ないですが、少しでも減らしたいと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

車査定でメールのみはほとんど不可能

一括査定に登録をする場合、売却予定の車の情報や売り手側の個人情報などを結構細かく記入する事になりますが、そのデータを基に、メールのやり取りだけで買取査定そのものを完結する事は出来ないものでしょうか?

一括査定というと、一度に複数の業者宛に見積りの依頼ができる便利な仕組みだけど、最低でも依頼をした業者の数だけは電話がかかってきてしまい、いちいち対応するという事が面倒ですよね。

こちらの好きな時に都合よく対応ができるように、メールのやり取りだけでなんとかならないものなの?と思ってしまいますが、答えはもちろん、NOです!

なぜなら、車の買取と言えば、業者側からしてみれば買取る車は商品であり、売りたいと言っているアナタの車を見てもいないのに、正しい査定額を伝えることもできませんし、おおまかな査定で車の仕入れをするわけにもいきません。

そもそも、車の査定とは、査定士が実際にその車の隅々までじっくりと確認した上で、各種データなどを基に買取価格を算出するというものであり、メールのやり取りだけで簡単に完結するような事ではないからです。

買取業者が電話をかけてくるのは、実際に車を見たいという気持ちがあるので、その日時を決めるために電話をかけてきてくれます。それが、一括査定なので多くの業者からほぼ同時にかかってくることもある為、迷惑に感じてしまうのです。

手間をかけた分だけ、査定価格も高くなるし、掛かってくるのはほとんど最初だけ。そう考えたら、一時的な電話にも素直に応じたほうがメリットは大きいでしょう。(買取業者と言っても、大手企業が多いので心配ありません)

カーセンサーの一括査定はメール対応している業者もある

カーセンサー.netというサイト上では、一括査定申込の際にユーザー側の要望を記入する項目があり、そこに「メールでの連絡を希望する」と記入すると、各買取業者にもその旨が伝えられる、というサービスがあります。だからと言って、業者からの電話連絡がゼロになるわけではありません。

なぜなら、各業者ごとに独自の方針や営業マニュアルなども存在するため、申し込み登録と同時に電話をかけるシステムになっているところも数店舗存在するからです。

しかし、このように電話連絡が多数届く事を嫌がるユーザーが多いという事は、今後は、あらかじめメールでの連絡をした上で、電話連絡が可能な日時を指定するなどの対応に、各サイトやサービスそのものが変わりつつあるようです。

なぜ業者は申込からスグに電話連絡をしてくるのか?

ついさっき一括査定の登録ボタンをクリックしたばかりなのに、もう電話が!これが、現在の一括査定の状況ですが、当然といえば当然のことで、逆に言えばとてもありがたい事なのです。なぜなら、買取業者としては、お客様からの申し込みに対してできるだけ素早く対応をする!という事が、業務上のサービスでもあり仕事上の使命です。

ほんのわずかに電話連絡が遅れたばかりに、タッチの差で他の業者に大切なお客様を取られてしまったのでは、商売として成り立ちませんから、皆さん連絡を取る事に必死になります。

車査定 インターネット
中古車の査定はプロの査定士が直接その車を見て、外装や内装の傷み具合、走行距離、それを参考にしたエンジンのコンディションな...

査定業者の電話を減らす方法はメール対応可能な業者に絞ること

一括査定の際に、カーセンサーのように、メールでの対応を受け付けてくれるようなサイトに登録をする事で、業者から届く電話を極力減らす事が可能になります。

査定業者からの電話を劇的に減らす方法

  • 無料一括査定のサービスの中でも、メールで対応可能なサイトのみに申し込む
  • 「電話対応は出来ないのでメールでの連絡を希望」と要望欄に必ず記載する
  • 業者の詳細を確認して「メール対応可能な業者」のみを選択する

メール対応のみでは、概算の見積もりまでしか得られない

このような方法で、車の一括査定の際の問題点とされている電話着信件数の多さは防ぐことが可能ですが、この方法では、車の買い取り額をできるだけ高く売却したい!という本来の目的を達成する事はできないので、本末転倒となります。

その理由は、中古車の相場は流動的な変動相場であり、実際の詳細な見積は、査定士が車両の隅々まで細かく確認をした上でないと算出する事ができない為です。したがって、メールのやり取りで完結できれば楽なようですが、その分、データベース上の過去の事例などから導かれた平均的な金額が、暫定的に概算の見積もりとして提示されるだけで終了となってしまいます。

車の下取り相場が知りたければ個人情報は必要ない

このように、折角無料一括査定を申し込んだ場合にも、面倒だからと電話応対を渋ったばかりに、メールのやり取りだけで簡単な概算見積が得られただけ。というような状況では、最初から無料一括査定に申し込む意味がありません。

車の売却相場や、概算での見積もりが知りたいというだけの場合は、売却予定の車の情報を入力するだけで、個人情報の入力などは不要なサービスもあります。

下取相場がすぐわかるサイト

これらのページ上では、売却予定車両の情報を簡単に入力するだけで、すぐに大まかな下取予定価格が算出されますが、記入する項目が「メーカー・車名・グレード・年式」程度しかないので、あくまでも大雑把な「下取の目安」程度で、あまり参考にはなりません。

ここで注意しておきたい事は、「下取」と「買取」では、似て非なるものであって、安易に下取りに出してしまう事は大間違い!という事です。

下取とは?

車を乗り換える際に、古いクルマを販売店に引渡し、その車に金額的な価値が有れば、新しいクルマの購入価格から相殺されるというものです。

買取とは?

車の購入とは別に、古いクルマを購入店とは別の買取業者へ売却をする事で、売却金額は自由に使えて、新しいクルマの購入に充てる事もできます。

どちらも車を売却または処分をする手段ですが、最終的な目標である「価格」という部分では、下取りではゴミ同然、買取は少しでも高く売却する事が可能!という歴然とした違いがあるという事からも、大いに注意が必要です。

車の買取、どこに申し込むといいの?

実際に一括査定に申し込むと、まだまだ電話での営業がもの凄いらしいし、高値で売却をするには、電話の対応は避けては通れないみたいだし、でも、掛かってくる電話の本数は少ないに越した事はないな~。

そうお考えのあなたには、カーセンサーの無料一括査定サービスが合っているかもしれません。申し込む際に、ページの中に数ある買取業者の中から「メール対応が可能な業者」のみに査定を申し込む欄にチェックを入れて、さらに、要望欄に「電話対応不可なのでメールのみでの対応を希望します」と記入をするだけ。

たったこれだけの作業で、他の無料一括査定サービスでは、申し込みと同時に起こる嵐のような電話ラッシュが、小雨程度の件数の電話対応で済むことになる可能性が高いのです。

現状では、様々な業者にそれぞれの方針がある為に、確認の電話がゼロになるという事はあり得ないようですが、それでもこの方法を使う事によって、大幅に電話の件数が減ってよかった!という報告例も増えているようです。

それでも、少しでも愛車を高く売りたいのなら、お互い人間同士という事を心掛けて、電話応対も気持ちよく、最終的には対面での査定にはなりますが、車だけではなくお互いの人間性を重視した交渉として実を結ぶと良いですね。

関連記事

車査定 時間

車査定の時間はどのくらいかかる?時間がなくても短時間で終わる!

車査定 やり方

車査定のやり方!事前に知っておくべきことまとめ

追突事故 車査定

追突事故に遭った時の車査定額は大幅減?下がった分の請求はできる?

車査定 トラブル

車査定で起こりうるトラブルとは?トラブルを回避する方法

車査定 注意点

車査定をする時にしっておきたい注意点

車査定 書類

車査定に必要な書類!売却手続き時やローンが残っている場合の必要なものも