車査定はインターネットが便利!持ち込みの査定とどう違う?

車査定 インターネット
 のりすけ

のりすけ
車を売るのに、直接買取店に持っていくのって大変だなぁ。
 カナ子

カナ子
1件だけ査定してもらうわけにもいかないですよね。でも、今ではインターネットで簡単に車査定を依頼することができるんですよ♪

中古車の査定はプロの査定士が直接その車を見て、外装や内装の傷み具合、走行距離、それを参考にしたエンジンのコンディションなどをチェックして最終的に決定されます。その車のおおよその参考価格は以下の項目から決まります。

  • 車種
  • グレード
  • 年式
  • 走行距離
  • ボディカラー

上記の基本的な情報の申告で十分伝わるため、今ではインターネットでこれらの情報を入力し、おおよその参考価格を知ることができる査定サイトがいくつも存在します。それらのサイトはそのまま買い取り業者に依頼できるようにもなっています。

しかし、インターネットを活用した査定と持ち込みによる査定ではどういった点が異なるのでしょうか?実際はどちらが買取価格が良いのか?など詳しくお話していきますね♪

車査定はインターネットが便利!

現在はある程度名の通った中古車業者ならインターネットの公式サイトを運営しており、車の査定は中古車業者のサイトから申し込むことが可能です。サイトの申し込みフォームでは、上記でも解説した車種や年式などの基本情報を入力し、さらに名前や電話番号などの個人情報の入力も必要となります。多くの査定サイトで事前に入力が必須となる個人情報は以下の4つです。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号(携帯でOK)
  • メールアドレス(PCアドレスでOK)

必要な情報を入力すると査定依頼の受付完了で、しばらくすると電話やメールで車種の基本情報から算出した参考価格が提示されます。その参考価格でOKならば実際に査定士が直接見て査定、という流れになっています。

車の場所まで来てくれて現車確認してくれる

車種の基本情報から提示される参考価格はあくまで参考であり、実際は査定士がその車を直接見て査定します。そのため、そこから先の本格的な査定は買い取り業者と直接のやりとりのスタートです。

では、実際の査定のための最寄りの営業所まで持ち込まないとダメなのか?多くの場合そんなことはなく、ほとんどの業者は事前に時間を決め、出張査定という形で査定士が自宅まで来て査定してくれます。もちろん、何らかの理由で出張査定では都合が悪い場合は顧客側が営業所まで持ち込む、という形も対応可能ですが、この方法はあまりオススメしません。詳しくは以下のページを参考にしてみてください。

車査定 持ち込み
愛車を手放す事になったけど、下取りは損なので買取店へ持ち込むと良いと聞いたあなた。でも、その手間や労力は、実際にはシャレ...

多くの場合、インターネットから査定を申し込むと最初の段階で住所の郵便番号の入力を求められますが、これは住所の近くに営業所があるかどうかを確認するためです。出張査定にしても持ち込みにしても、営業所と依頼者が物理的に遠すぎると何かと厄介なため、まずはこの点を確認し、クリアするのが先決なのです。

一括査定で業者に査定してもらうと圧倒的に高い

インターネットから車の査定活動をスタートさせる場合、ここまで解説したような特定の中古車業者のサイトにアクセスして申し込む形と、一括査定サイトを使って一度に複数の中古車業者に査定の意思を伝え、参考価格を提示してもらう形があります。
一括査定サイトの活用は、その利便性と最終的に高い査定が見込めるという点から近年、注目を集める存在となっています。

一括査定サイトは複数の中古車買い取り業者と提携して運営しており、ここまで解説した通常のインターネット査定の要領で車種や年式などの基本情報を入力すると、それが複数の中古車業者に通知され、それぞれの業者が別で参考価格を提示してくれる、というシステムです。

つまり、一度に多くの業者からの参考価格を見比べることが可能で、このためできる限り高く買ってくれる業者を簡単に見つけることができるのです。2番目、3番目の価格を提示してきた業者には一番高額だった参考価格を伝え、値上げ交渉する余地も大いにあり、有効な手段といえます。

一括査定サイトは複数の業者の競合を促すことができるため、できる限り高い査定で売るためには非常に役立つ存在です。中古車の査定は一括査定サイトを有効に活用しましょう!

愛車の一括査定を申し込む

一括査定は電話がたくさんかかってくる

一括査定サイトを利用する際に注意したいのは、利用する際にはこちらの個人情報の入力が必須になるという点でしょう。車種の基本情報と同時に、名前、住所、電話番号、などの入力が求められ、そして実際に一括査定を申し込むとその情報が各業者に通知されてしまいます。

中古車業者は一台の車の買い取り権を複数の業者で競う形になるため、すぐにでも電話で営業をかけてきます。つまり、複数の業者から一斉に電話がかかってくることを覚悟しないといけません。

このため売りたい車種の参考価格を、本当に参考程度に知りたい、という気持ちで一括査定サイトを利用する人にとってはこの一斉電話が面倒に感じ、これが一括査定サイト利用のネックです。

しかし、実際に車を高く売りたいと考える人にとっては積極的に営業してくれるのは悪い話ではなく、参考価格で一番高額だった価格を引き合いに出して積極的に値上げ交渉を行いましょう。

ただし、たくさんの業者からの電話は、時間がないとどうしても対応が難しくなります。このため、一括査定サイトを利用する際は、明るい時間帯ならその日のうちにたくさん電話がかかってくることを想定し、まとまった時間を作って臨むのがベターです。

車査定 何社
車の買取査定、まさか、「めんどくさいから初めのお店だけの査定で即決!」なんてこと、考えていませんよね!?そんなや...

車屋やディーラーに持ち込んで査定した場合

インターネットを利用せず、直接ディーラーや中古車業者に持ち込んで査定してもらうこともできます。しかし、結論から述べるとこの方法はあまりオススメしません。その理由は、ディーラーであれば、買取を専門としているわけではないので、たいていどの車でも、買取額は平均して安くなってしまいます。

中古車店であっても、持ち込んでしまうと必然的に持ち込んだ業者の一社とのみ交渉するような形になりやすく、上記で解説したような複数の業者での競合を促す流れに持って行きづらいからです。

他社との競争がないから低い金額で査定される

では、業者の立場になって考えてみましょう。顧客が売りたい車と一緒に来店し、査定の相談に来ました。そして現段階で、他の業者とは一切交渉していないとすると、これは業者的にはかなりのチャンス!

本来は一台の車を他業者と競合し、セリ落とすような感じになるのが通例ですが、顧客が車と一緒に訪ねてきた場合は、目の前の顧客が納得する査定を出せば即座に交渉成立ということになってしまいます。

持ち込みで入ってきた顧客が、査定を高くするには業者の競合を促すべき、という知識がない場合、言い方は悪いですが、ちょっとしたカモと思われるかもしれませんね。以上のことから車を売る際に一社の業者に当たりを付けて直接持ち込む、という方法は賢くない方法と心得ましょう。

即決を迫られる・なかなか帰らせてくれない

中古車業者の営業所に車を直接持ち込むと、業者は本来なら競合が発生し、それなりに苦労する車の買い取りなのに、それが労せずに達成できる算段が高い、と判断するでしょう。

このような状況では業者も目の前の顧客を逃すまいとして積極的に、やや強引な営業を展開する可能性が高いく、即決を促すように強くすすめてくることが予想されます。このまま断って帰りづらいような空気に持って行かれるかもしれません。営業職に携わる人はそういった状況で多少強引に話を進めるのはお手の物、営業担当も自社の利益のために、それなりに必死なのです。

気の弱い人だと、強引に営業されると不本意でも即決してしまうかもしれませんが、理由の如何にしても車を売るのに特別な理由が無い限りは急ぐのはNG。自分のペースで、高い査定を付けてくれそうな業者をじっくり探すべきです。

実際に査定士に見てもらうのはそれなりに時間がかかるため、まずはインターネットを活用して少しでも参考価格を高く査定してくれる業者をじっくり探すのが賢い車の売り方なのです。

関連記事

車査定 ワンオーナー

車査定ではワンオーナーだと査定額が大きく変わる!?評価の基準とは?

車査定 無料

車査定を無料で!高額買取は一括査定がおすすめできる理由

車査定 マイナス

車査定でマイナスになるポイントは?具体的な減点対象まとめ

車査定 サンルーフ

車査定でサンルーフ車が高評価!どのくらい差があるの?

車査定 外車

車査定で外車の買取額は意外と低い!?高く買ってくれる業者は?

車査定 洗車

車査定の前に洗車はしておくべき?買取業者のホンネ