車査定のメリットは?ディーラー下取りと買取のメリット・デメリット

車査定 メリット
 のりすけ

のりすけ
車を乗り換えようと思うんだけど、ディーラーで下取りと買取業者ではどっちが良いの?
 カナ子

カナ子
よくディーラーで下取りをしている人がいるんですが、実はディーラーってそんなに高く下取りしてくれなくて・・・それなら、買取業者に査定を依頼した方が高い場合が大いですよ♪

愛車を乗り換える、または、これまで乗ってきた車を手放そうとしているあなた。クルマを手放す方法は、実はいろいろと方法や選択肢があって、それぞれにメリットやデメリットが存在します。

めんどくさいし、分からないからと言って、販売店の担当さんにすべてお任せにしていませんか?もしかしたら、数十万円程度からもの大損害をしているかもしれませんよ。その差額があれば、新しいクルマの足しや、海外へも行けたかも!?そうなる前に、最後まで目を通してみてくださいね♪

車一括査定のメリット

車を売るのであれば、まず浮かぶのが【ガリバー】などの車の買取業者ですが、実はそういった大手も含めた業者に、一括で買取査定を依頼できるサービスがあります。その一括査定サービスですが、ズバリ言って、愛車を手放す方法としては、この方法がベストです!冒頭から、なぜそこまで言い切れるのかを、お話していきますね。

【車を手放す場合の様々な問題】

  • 車を手放す際に、下取りに出すのでは、車もお金も捨てるのも同然
  • 廃車にしてしまうにも、手続きにお金が掛かる
  • 知人に譲るのも、手続きに手間や費用が掛かる
  • 車の買取査定は、一社だけでは足元を見られてしまい安く買いたたかれる
  • 複数の買取店で査定を競合させると、高価格で売却する事ができるけど大変
  • 自分で買取店を何社も回って査定をしてもらうと、とても面倒で大変
  • インターネットオークションなどへの出品は、個人では手間暇が大変で危険

一括査定サービスなら、一度の登録でこれらすべての問題が一気に解決し、複数の業者から同時に見積を取る事ができて、しかも、その中から最高値の業者とのみ契約し、最高の条件で高く売却して、予想外のお金が手に入るのです!

カーセンサーの一括査定を申し込む

一番のメリットは買取額が高い!

何と言っても、買取店の一括査定の最大の魅力は、その車の買い取り金額が、他の方法と比較してほとんどの確率で高額査定になります。

自動車販売店で次の車を購入するときの下取り価格は、あくまでもデータベース上の最低価格であり、これを基準に一括査定に頼めば、複数の業者で競合するような形になるので、オークションのようにじゃんじゃん値段が上がって行く!というイメージで想像してみてください。

逆に、これが一社だけの査定になると、競合もいないので査定額は上がっていくことはありません。それだけ、査定時には競合店が必要ということになります。

ネットから簡単に申し込みができる

一括査定の魅力は、まだまだ他にもあります。それは、誰にでも簡単に、申し込む事ができる!という事です。もちろん、インターネット上からの申し込みなので、パソコンやスマホなどがご利用いただける環境にあるという事が前提ですが、もしも、ご自分ではインターネットはしないという場合にも、お知り合いやご家族などに頼んだとしても、申し込んでみる価値があります!

無料一括査定の利用手順

  • 一括査定ができるページへいくカーセンサーの一括査定
  • 査定を依頼したい業者を選び、依頼をする
    ※電話連絡よりもメールが良い場合は、メール対応可能な業者を選択し、要望欄などにもメール希望と記入をする事で、着信件数を減らす事ができます
  • 入力がすべて完了したら、各買取業者からの連絡を待つだけ
    ※一度に複数の業者から連絡があるという事を忘れずに!
  • 各業者から連絡が来たら、それぞれに査定立会の日時を伝える
    ※出来れば、全ての業者が同時に出張査定に来るようにしておくと良い
  • 各業者からの査定見積書を入手したら、最高の条件の業者と契約する
  • 車両売却完了、現金獲得!

下取り査定がゼロでも買取してくれる場合がある

下取査定では、下取り用のデータベースが存在し、そのマニュアル通りの内容に適合した場合のみ、最低ラインの価格が付けられます。これらのデータベース上で、自分の車を下取りに出すといくらになるのか?という事は、一括査定よりも簡単に、個人情報の入力無しで日産やトヨタ等のホームページからなどでも確認する事ができます。

ほとんどの車の場合、新車登録から約8年を過ぎる程度で下取査定価格は限りなくゼロに近くなると思います。走行距離の目安としては、1年間1万キロ前後程度が適正とされていて、それ以上の場合は過走行車両としてマイナス査定、それ以下の場合は低走行車両としてプラス査定されます。

これらの、下取りに金額がつかない、いわゆる「査定ゼロ」とされた車でも、買取店だと、買い取ってもらえることが多いので、簡単に諦めてはいけませんよ。

なぜ下取査定ゼロでも買取店では買ってもらえるのか?

それは、買取店というのは、中古車という商品を仕入れるのが仕事だから、多少下取査定よりも高いお金を支払ってでも、良い品物(車)を、なるべくたくさん仕入れたい!という思いがあるからです。そして、仕入れた車は、日本車なら特に、国内外の中古車市場で飛ぶように売れる!という背景があるからです。

社外品などのパーツも評価してくれる場合がある

さらに買取店のメリットとしては、各会社やお店の方針などにもよりますが、ディーラーの下取りなどでは敬遠されがちな社外品「アフターパーツ・後付け部品」なども、プラス査定として買取ってもらえる事があります。

せっかくかっこよくドレスアップしたけど、いろんなパーツをいちいち取外して売るのは面倒。そんなあなたにもぴったりです。

車査定 マイナス
車の査定してもらう場合は、いかに中古車として劣化しているかどうかを見られると考えればOKです。つまり基本的に減点法です。中古車の...

車一括査定のデメリット

インターネットで「車 一括査定」で検索してみると、意外と多くのネガティブ情報が出ていて、ちょっと申し込む前に躊躇するかもしれませんが、それらの書き込みを見てみると、全く的外れの内容がほとんどです。

【ネガティブな書き込みやデメリットの例】

  • 一括査定に登録するとすぐに迷惑電話がたくさんかかってくる
  • 迷惑メールが頻繁に入るようになった
  • 業者の対応が悪い
  • 実際の見積もりと売却後の金額が違った

などですが、これらの書き込みをよく見てみると、各買取業者宛に一括で査定を依頼しているのですから、最低限その業者の数だけは、電話連絡がある事は当然で、電話を受けるユーザー側にその覚悟ができていない場合に驚いてしまった。という事がほとんどのようです。

同様に、迷惑メールも一括査定への登録が原因かどうかは確認できず、しかも、嫌ならフィルターを設定すれば済みます。業者の対応云々に関しては、ご自身で対応が良いと感じる業者のみと連絡を取れば済む事であり、そのための「複数業者一括査定」なのです。

同様に、実際の見積もりと支払われた金額が違うなども、その為の見積書であり契約書なので、必ずアナタが納得するまで、事前の確認が必要です。確認を怠ったか間違えた解釈をしていたかなどの行き違いから、無用なトラブルに発展しますので、その点は注意するようにしましょう!

買取業者から車の現車確認の電話が大量にかかってくる

確かに、一括査定登録直後から、各買取業者からの電話連絡がほぼ同時に開始されます。これは、業者側としてみれば、仕事として当然の業務をこなしているだけであって、決してユーザーを困らせようとする嫌がらせ行為などではないという事が分かります。

業者側には、他の業者に大切な商品やお客様を取られてしまう前に、どこよりも早く契約に取り付けたい!という思惑がある為、どこの業者も必死で我先にと連絡をしてくれます。多くの業者が、それだけあなたの車を必要として連絡をしてくれているのです。そこを利用して、最高額を付けてくれる業者をこれから選べるのです。

個人情報を入力しないといけない

なかには、個人情報を入力する事に抵抗がある。という方がいらっしゃいますが、車の査定や売却には、必ずご自身のお名前や電話番号、その他個人情報が必ず必要になります。売却にいたっては、印鑑証明等も必要になりますので、個人情報を出さずに売却するのは不可能です。

ただ、個人情報の流出が気になるのも事実です。各企業は個人情報の取扱いには神経質な程注意しているので心配無用です。クルマの買取とは、このように買取業者からしてみれば大切な商品であり、住宅や不動産などと同様の個人資産としての商取引になります。

車売却では、怖いクレジットカード情報などは必要がないため、個人情報の重要度は違いますが、むやみやたらと気にしたりしないようにしましょう!

車査定 交渉術
車を売るぞー!と思ったら、まず査定をお願いしますよね。その1回の査定で満足して、売ってしまおうと思っていませんか?買取額...

ディーラー下取りのメリット

車を買い替える際に、ディーラーにすべてお任せ!という方はまだまだ多いようですが、その場合、今まで乗っていた車は、ディーラーに下取りに出してしまうのが一般的です。

それはそれで、ユーザー側からしてみれば、何の手間や苦労も無く、全ては次の車の購入手続きの中で一括して済んでしまう。という事が、ディーラーで下取りをしてもらう最大のメリットです。

新車を購入する時に有利になる場合がある

ディーラー側としても、車の販売自体が非常に厳しく、しかも、景気が低迷したままという昨今の状況の中で、昔のような「値引き」というサービスができなくなっている、というのが現状です。

車を購入するユーザー側としても、懐具合が暖かく現金即決!で購入するわけではなく、家計の為にも、人生の中で二番目に高い買い物と言われている車を、ようやく買い替えるので、少しでも安くしてもらいたいのが人情です。

そこで双方に有利な手段となる場合があるのが「下取車」です。ディーラー側は、「値引きが少ししかできない代わりに、本当は下取価値が付かない車だけど、この値段までなら下取できますよ」と言って、ユーザー側も「それならしょうがないか」となるわけです。

車の売却と購入に手間がかからない

このように、次の車に乗り換える場合には、古いクルマは下取りに出してしまえば、古いクルマの価値(下取査定価格)は、次の車の購入プランに組み込まれて相殺されるので、ユーザー側の手間は新しいクルマの購入手続きの一度きりで済んでしまいます。

ディーラーのデメリット

しかし、ディーラー側も商売なので、上手なセールストークでユーザー側を喜ばせつつ、実はあなたの古い車を、格安で仕入れる事に成功しようとしているのです。それも、純正部品じゃないとダメとか、他車メーカーだからとか、あれダメこれダメと難癖をつけて、少しでも安く仕入れようとしています。

つい、早く次の車が欲しいユーザーとしては「めんどくさいから古いクルマの処分は任せるよ」となってしまいますが、それではディーラー側の思うツボです。

下取り額が安い場合が多い

先にも書きましたが、「下取」とは「買取」と違って、その車が流通する最低ラインの価格、底値での「引き取り」になっています。単純なデータベース上の価格の為、どのような状態の車でも、ほぼ一律の価格設定で、古いクルマでは値段が付かないとされる場合も沢山あります。

さらに、不人気車や、そのディーラーとは別のメーカーの車だったりすると、下取り価格が余計に下がる場合も多々あります。これは、中古車市場は株や為替などと同様の変動相場で流動的な物だから仕方がありません。

ドレスアップや社外品を評価してくれない

メーカー系のディーラーでは、メーカーの製造ラインから出てきた純正の状態が中古市場でもベストとされていて、後付けパーツなど社外品は認めない傾向にあり、マイナス査定になってしまいます。

これは、ディーラーという販売網から、そのメーカーの車を欲しがる不特定多数のお客様向けに売らなければならない為、仕方が無いという事が言えます。あなたが施した最高のドレスアップは、世界で一つのあなた好みの物であり、他の方には受け入れられない可能性があるからです。

自動車売却には「一括査定」がベスト!

冒頭でもいきなり結論から書きましたが、最後まで来ても、まさにその通り。このように様々な車の売却や処分方法がありますが、一括査定以外の方法では、いずれもメリットは少なく手間や時間が掛かるばかりで見返りは少ない・・・。

しかも、一括査定なら、初めの登録作業から、費用は一切かからず「無料」で完結してしまいます!街の買取店にご自身で出向いて査定をしてもらう場合、中には有料査定というお店もあります。

なぜなら、買取査定とは、きちんとした査定士(資格有)が、じっくりとその車の隅々や経歴をすべて調べたうえで、査定見積書という書類を作成し、会社によってはデータとして残す事になっている為、ものすごい労力が掛かる為です。

そんな大変な車買取査定が、たった一度の情報登録だけで、複数の業者に依頼ができて、その中から最高の条件で取引ができてしまう!というサービスを使わない手はありませんよね。

関連記事

車査定 洗車

車査定の前に洗車はしておくべき?買取業者のホンネ

車査定 インターネット

車査定はインターネットが便利!持ち込みの査定とどう違う?

車査定 外車

車査定で外車の買取額は意外と低い!?高く買ってくれる業者は?

車査定 高く売る

車査定で高く売るコツは?知らないと10万円以上損しているかも!?

車査定 何社

車査定は何社申し込むべき?少なくても3社以上が最低ライン

車査定 修復歴

車査定で修復歴がある場合のマイナスは?事故車と修理車は同じ扱い?