車査定は走行距離によって買取額が大幅に変わる?何キロ以上がNG?

車査定 走行距離
 のりすけ

のりすけ
車の査定を考えているんだけど、通勤や出張でも乗っていたから思ったより走行距離がいってしまっていて・・・どの程度までの走行距離なら査定面では有利なのかな?
 カナ子

カナ子
基本的には1年に1万キロ程度が理想と言われています。以前は10万キロを超えるともう金額がつかないと言われてましたが、今では10万キロを超えても買取業者によっては高く買い取ってくれる所もありますよ♪
 カナ子

カナ子
走行距離がどの程度査定に影響するかを説明していきますね♪

長年乗って愛着のある愛車、いよいよ手放そうと思うけど、そういえば、走行距離によって査定や買取価格に違いってどの程度影響するのだろう?手放そうとか、そろそろ次の車に乗り換えたい!という時に限って、あと少しで○万キロを超える!など、走行距離が微妙だったりする事がありますね。

車査定において、走行距離がどういう形で査定額に影響するのか?意外と知られていない査定と走行距離の関係を、お話していきますね。

車の査定は走行距離によって大きく変わる!

多くの方が気にしているように、実際に買取や中古車売買の現場では、走行距離というものは、その車の特徴や性能などと同じくらいに重要視される大切な部分で、価格にも大きく影響をします。中古車売買の現場では、走行距離があまりにも重要視されている為に、一時期は「メーター戻し」という詐欺行為が社会問題にまでなりました。

しかし、一部の人気車両やプレミアムカー・クラッシックカーなどは、この範囲ではなく、もはや距離などよりもそのものの存在価値の方が重要視されています。

そんな骨董品や芸術品のような車は、別の世界とも言えますので、今回はそちらは除いて、日頃私たちの身近な車の世界での、現実的な部分を見ていきましょう。

実際に査定に影響する走行距離とは?

それでは、いざクルマを手放すとなった場合に、注意して押さえておきたい走行距離の具体的な数字は、あるのでしょうか?実際に価格に影響する走行距離は、段階的に存在します!それは、一般的には奇数が見極めラインとされていて、

  • 1万キロ 新古車・未登録車・販売実績の為の登録車などに多い
  • 3万キロ 近距離走行車・保管車両車・デモカーなどに多い
  • 5万キロ 一般的な中古車で価格が大きく変化するライン
  • 7万キロ 乗換の為の下取り車などに多い
  • 9万キロ 下取や査定などで価格が付くギリギリのライン

などが、価格が大きく変動するボーダーラインとされています。それ以上の、10万キロを超えてしまうと、一般的な車両の場合、価値が無いと判断される傾向にあるようです。

ただし、10万キロを超えてしまっているような場合でも、買取業者によっては高く買い取りしてくれる場合もあるので、一社だけに依頼するのではなく複数の業者に依頼するようにしましょう!

走行距離が重視される理由

なぜ、走行距離が少ない方が価格が高く、走行距離が多いクルマは安くなっているのか?それは、車が、機械としての消耗品として判断される部分にあるといえます。同じ品物なら、新しくて程度が良い方が、誰でもうれしいですよね。

過走行車両が安い理由

本来は、距離よりもその使用方法や環境などによっても状態は変化しますが、一般的には走行距離が少ないほど、機械部品としての劣化損傷が少ない傾向にあり、価値が高いとみなされる為です。

劣化が少なければ、その分部品類などの消耗も少なく交換やメンテナンスなどの費用も、その後長い期間掛からずに済みますし、反対に、過走行と言われるような場合には、その後短期間でのメンテナンス費用を想定しなければならない為です。

年式と走行距離の関係

ほとんどの場合、走行距離と年式は比例する関係にありますが、中には、車を買ってもガレージに保管したまま乗らない場合等もあり、そのような車両は相場よりも高い価値が付いている事が多いようです。

走行距離の目安

一般的には、一年間当たり一万キロ前後、一か月にすると千キロ前後程度が、標準的で適切な走行距離とされていて、中古車相場や買取相場なども、その辺を基準とされています。

年間一万キロを大きく上回るような場合は、「過走行(使い過ぎ)」とみなされ査定に大きく影響してしまいます。ご自分の車の査定が気になる場合、年間一万キロを目安として判断すると良いといえます。

国産車は走行距離が多くても壊れにくい

昔の国産車は、今の中国製商品などのように、安いけどすぐ壊れるといったようなイメージの時代もありましたが、今では、世界的にも一番といってよいほど信頼性や寿命が高く、海外でも大人気です。

また、最近の車は、国産車両の方が国内においてのディーラー網の発達や技術面、アフターサービス面など諸々が充実していて、信頼性も世界トップクラスと言われています。

国産車の信頼性が高い訳

そうなった理由として、純正部品サプライヤーとしての部品メーカーの優秀さや、メーカー側の品質基準の厳しさ、また、コスト削減の為の部品の共有化など、長年にわたる血のにじむような多くの企業努力も挙げられます。

一つの自動車メーカー内でも様々な車種を製造し、また各メーカー同士でも、それぞれの車に使用する部品を共通化する等して、製造コストの削減や、万一故障の際の部品交換や手配などの効率化も図る事ができ、より早く確実な対応が可能になっています。それらの理由が複合して、日本車が壊れにくいという神話に繋がっています。

本当に国産車は壊れにくい?

ヨーロッパやアメリカなどの大陸地方では、一度に走る走行距離は、日本の比較ではありませんし、ドイツなどではアウトバーンという制限速度無制限の場所も存在します。そのような地方では、走行中の故障は生死にもかかわる為、昔から高い信頼性が必要とされ、技術の革新も世界水準で競われ続けています。

日本車でも輸入車でも、機械物なので当然アタリはずれも有れば壊れる事もありますが、今の日本車は、ほとんど壊れる事も無く、万一の場合は手厚いメーカー保証もあるから安心!というのが、どうやら本当の理由のようです。

日本国内では輸入車でも安心な理由

日本では、たとえ壊れても、国土や移動距離の範囲も狭く、その後の代車手配やレスキュー修理などのサービス面も素早く充実していて、欧米や他国と比較した場合、さほど故障面などに神経質になる必要は少ないはずです。

しかし、お国柄なのか、ユーザー側も世界一の神経質さを誇り、それが自動車そのものの品質や、保険・レッカーサービス等の質を高める事になり、世界的にも安心という事にも繋がっているようで、大変ありがたい恩恵です。

車は走行距離が多くてもメンテナンス次第で無限に使える!

長距離移動が多いヨーロッパ車などは、本国では日本の2倍から3倍以上もの年間平均走行距離という事で、10万キロ程度はざらで、その程度ならまだまだこれからとも聞きます。

国産車も、貨物車両やタクシーなどは、定期的なメンテナンスや部品を交換しながら、30万キロから60万キロもの走行距離を現役で使うという事で、その後は、東南アジアやロシアなどの海外への転売をされているという事です。

国内で現役生活を終えて、海外へ渡った日本車は、向こうでは高級車の扱いをされ、部品を交換して大切にさらに長く使われているという事で、今や車の寿命は半永久的とも言えそうです。

国産車は10万キロでさえ保証してくれるケースがある!

それでは、一般的な国産車を普通に使っているような状況では、一体何キロ程度まで走れるものでしょうか?メーカー保証の有効期間は、多くの国産車や正規輸入車は、3年もしくは6万キロ以内(一般保証)ですが、重要部品(走る・曲がる・止まる・電子制御装置・乗員保護装置)については5年もしくは10万キロ以内(特別保証)に設定しているメーカーが多いとされています。

その間に万一故障などがあった場合には、メーカー保証の規定内であれば、無償で修理などの対応をしてもらえるという、大変ありがたい制度で、今どきの車は、6万キロや10万キロは、保証の範囲内で安心して走れてしまう!という事です。

10万キロを超えてくると消耗品の交換が必要になる

これは、使われ方や乗り方、当たりはずれなどにもよりますが、普通にそこそこのメンテナンスをして、通勤などの近中距離移動で乗っているような場合、一般的なガソリン車で約10万キロが目安だといわれています。

それは、エンジンのタイミングベルトや樹脂部品等の劣化破損への耐久性能の限界とされている為で、10年10万キロを目安に、電子部品等も次々に壊れてくるという現場の声があります。

輸入車等では、日本国内での発進と停止を繰り返す、世界的にも過酷といえる使用状況や、部品そのものの耐久性や設定年数が異なる事もあり、もう少し早い傾向にあるようです。

車は走ってナンボ

愛車の査定で気になるのが走行距離ですが、普段から距離計の数字が増える事を気にしながら乗っていては、楽しいドライブも出来ずに走らせること自体を遠慮してしまいそうです。

ガンガン乗って走ってこその車ですから、道具としての目的もしっかり活用しながら、楽しいカーライフをエンジョイした後は、気持ちよく次のユーザーに手渡せるようにしたいものです。

関連記事

車査定 持ち込み

車査定は店舗へ持ち込みにすると圧倒的不利!査定は出張依頼してみよう!

車査定 掃除

車査定の前に車内の掃除はするべき!特に臭いは重要な査定ポイント!

車査定 外車

車査定で外車の買取額は意外と低い!?高く買ってくれる業者は?

車査定 インターネット

車査定はインターネットが便利!持ち込みの査定とどう違う?

車査定 メリット

車査定のメリットは?ディーラー下取りと買取のメリット・デメリット

車査定 洗車

車査定の前に洗車はしておくべき?買取業者のホンネ