車査定でマイナスになるポイントは?具体的な減点対象まとめ

車査定 マイナス

 ミカ

ミカ
車を売ろうと考えているんだけど、査定でマイナスになるポイントってどういうところなの?

 カナ子

カナ子
査定全体で考えると、マイナスになる可能性のあるポイントはたくさんありますよ。査定士がどういったところを見て、マイナスになるのかを伝えていきますね。

車の査定してもらう場合は、いかに中古車として劣化しているかどうかを見られると考えればOKです。つまり基本的に減点法です。中古車の査定は新車に近い状態なら査定はあまり下がらず、経年劣化や損傷の跡、素の修理の跡が多ければそれだけ査定は下がります。

中古車の査定において、どういった点が重視され、どういった点が厳しい減額対象になるのかは、中古車業界全体でほぼ共通しています。今回は中古車の査定において、減点対象となるポイント具体的に紹介します。

前にどの部分が重点的に見られるかを知っておけば、少しでも査定を下げないために出来る努力が見えてくるかもしれませんよ。

車査定でマイナスになるポイント

自動車の機能面に関わる箇所の修理跡を【修復歴】と定義し、修復歴は査定を大きく下げる要因になります。ドアの交換や内装の修繕といった、走行機能に直接かかわらない、修復歴以外の修理跡を修理歴と呼び、修復歴と修理歴は区別して考えてください。修復歴がある場合は査定の際に申告する義務がありますが、修理歴や事故歴は申告の義務はありません。

ただ、申告の義務のない修理歴でも査定士は見抜いて、査定を状態によっては若干下げる要因になると考えるべきでしょう。車は修復歴、修理歴、以外の定義でも各箇所の損傷によってそれぞれ査定が下がります。

車査定 修復歴
いざ車を売ろう!と考えていても過去に事故や傷・ヘコミがあると、査定額に影響があるのか少し心配になりますよね。傷や...

ボディ

車のボディ(外装部分)にキズや凹みがある場合は査定の減点対象となります。あくまで目安ですが、ボディ部分に修理に1万円~2万円程度かかるキズがあると査定は数千円の減額となります。

つまり、ボディにキズがあったとしても自分で修理費用を負担して修理するより、査定でその分減額されたほうが費用は安く済みます。これは中古車業者が買い取った車を提携する修理業者に依頼してメンテナンスするため、普通に修理業者に修理を依頼するより安くあげることが出来るからです。

外板

車の外板とは以下が該当します。

  • ルーフ
  • フード
  • トランクリッド
  • ドアアウター
  • フロントフェンダー
  • サイドパネルアウター

外板のキズや凹みは前述のボディの項と同様です。外板は上記のように分類されており、それぞれ取り外しが出来る構造になっています。そのため、外板単位で交換が可能です。

外板を交換した跡がある場合はキズ、凹みがあった場合と同様に減点されます。また、外板単位で塗装を変えた場合は、かなりの減点となる可能性があります。元色と同じ塗装でも減点され、別の色に塗装するとかなりの減点となり、どちらも10万円以上の減額となるのです。

元色と同じ塗装でも外板単位での塗装は他の部分と違和感が生じるため、減点対象となります。外板単位での交換や塗装は全体像に違和感が生じるため査定を大きく下げるポイントとなります。

ドアミラー・サイドミラー

左右のドアに取り付けてあるサイドミラーは安全運転するために不可欠な存在です。
サイドミラーの破損や不具合はマイナス査定につながります。具体的には以下に該当する場合、マイナスの対象となります。

  • 鏡部分にヒビや拭き取れない曇り
  • 鏡以外の部分が破損
  • リモート操作が不能

上記3点で下に行くほど査定は大きく下がり、減額は5,000~30,000円くらいです。ミラー部分以外の、ミラーカバーの損傷は、1センチ未満のごく小さい破損であれば減額対象外になる場合もあります。

フロントガラス

走行中の飛び石などでフロントガラスに軽いヒビが入る場合がありますが、一箇所に小さなヒビの場合は、走行に支障がないためそのままにしておく場合もありますよね。

ヒビの大きさが500円玉より小さい程度の場合、査定は1~2万円程度の減額です。それよりも大きい場合は6~7万円くらいの大きな減額となる可能性があります。これは修理を依頼する際でも、500円玉より大きいヒビだと修理費が跳ね上がり、それに倣った査定となります。

その他のガラス

車のガラスには熱線入りと熱線無しがあり、熱線入りガラスは日光の光や熱を遮り、冷房の効果を高めます。熱線入りガラスのほうが高コストのため損傷した際にマイナス査定も大きくなります。

熱線ガラスはフロントガラスとリアガラスに使われる場合がほとんどです。フロントガラス以外では以下のガラスがあり、下に行くほど損傷時のマイナス査定が小さくなります。

  • リアガラス
  • サンルーフガラス
  • ドアガラス
  • 三角ガラス

損傷はカードサイズ以上の大きさかそれ以下かで判断されることが多く、リアガラスでカードサイズ以上の損傷がある場合は熱線入りで約5万円、熱線無しで約4万円の減額です。サンルーフガラスもほぼ同様で、ドアガラスの場合はその半分から3割程度となります。三角ガラスは面積も小さく、損傷があっても減額は1万円程度です。

内装

車内の内装で減点対象になるのは主に臭いとシートの汚れ、損傷の程度です。臭い関係で最も典型的な減点対象となるのがペットとタバコの臭いです。自宅の匂いと同じで、どちらも当事者だと無頓着になりがちですが、第三者には敏感に感じる臭いといえます。

匂いの程度により、タバコやペットの臭いある場合は1~2万円の減額となります。ペットの臭いが強く、さらにシートに多くの毛が付着している場合は約8万円の減額もあり得ます。

シートの場合は多少の汚れやスレは減額対象とはなりませんが、明らかな汚れやシートが破れていると減額対象となります。シートが減額基準は簡単な清掃でキレイになるかどうか?という点です。シートを取り換えないとダメと判断されると査定は大きく減額されてしまいます。

車査定 ポイント
車を出来るだけ高く売りたい!これは車を買取に出す時には誰でも思うことですね。車を買取に出す場合はまず、いくつかの中古車業...

エアコン

エアコンが壊れている場合、使えない状態だと約4万円の減額、ガスチャージで機能回復する場合は約1万円の減額となります。エアコンに不具合がある場合は最大で4万円の減額があり得ると考えておけばOKです。

エンジン

エンジンを査定する場合、査定士は主に以下の3点に注目します。

  • エンジン音に異音はないか?
  • エンジンルームが極端に汚れていないか?
  • 過去に修理したり交換したりした経歴はないか?

プロの査定士はエンジン音を聞けばそのエンジンの調子がほぼわかります。普段からエンジンオイルなど、オイル系の交換をマメにしておけばエンジンの劣化は少なくなります。

エンジンが以前に壊れて部品を修理や交換をした経歴がある場合は減額されます。一度壊れると同じ個所が壊れる可能性が高くなるからです。エンジンを丸ごと新品と載せ換えた場合は減額対象とはなりません。エンジンの査定はエンジンのコンディション状態で決まり、最大減額で約6万円です。

エンジンルーム

エンジンルーム内がどれだけ汚れているかで査定されます。オイル漏れがひどかったりエンジン自体の焼き付きが顕著だったりした場合は減額となります。汚れ具合により、最大で約2万円の減額となります。

ブレーキ

ブレーキ関連が以下の点に注目して査定されます。

  • ブレーキパッドのすり減り
  • ディスクパッと、ディスクローターが劣化しており交換が必要
  • ブレーキオイルに漏れがある場合

どれも錆びやすい箇所でもありますが、セルフメンテナンスが難しく、サビがよほど多くないと大きく減点とはなりにくいです。

マフラー

マフラーはエンジン音を軽減するための消音装置です。マフラーは消音装置の他にもエンジンから出る排気ガスを車外に排出する役割があり、かなり長いパイプ状の構造をしています。いわば自動車の煙突です。この煙突機能が壊れ、排気漏れがある場合も減額対象となります。

マフラーのコンディションにより、約3万円~5万円の減額となります。車好きの人はマフラーを改造してしまうこともありますが、改造マフラーはどんなにコンディションが良くても取り換えが必要になるため最大限の減額となります。

電装系統

自動車内でエアコン、ステレオ、ライト点灯、などの電気系統の備品が使えるのは車に積まれたバッテリーから電気供給しているからです。バッテリーが不具合を起こすと、これらの機能は使えなくなります。パワーウィンドウやパワースライドドアも電装系統です。

バッテリー自体は壊れてなくても各電装系統の不具合はそれぞれ査定に響きます。大きく分けると走行に支障がない設備は減額が少なく、交通ルール上、走行に支障がある場合の不具合は大きな減額対象となります。

走行に支障がない設備にはカーナビ、ステレオ、エアコンなどがあり、エアコンは走行に支障が無くても車内の快適性に直結するため、エアコンの不具合は大きな減額となります。パワースライドドアは機能しなくなると非常に不便になるため、やはり大きな減額対象になることが多いです。

その他にも、オルタネーター、エアコンコンプレッサー、マグネットクラッチなどエンジン機能に直結した電装系設備もあり、これらの不具合はエンジンの不具合に直結するため大きな減額対象となります。

電装系統と一口に言ってもその設備はピンキリで、ステレオやカーナビのような、走行に支障をきたさない設備の不具合は減額が少なく、エンジン機能に直結した設備やパワースライドドアのような重要な役割を果たす設備は大きな減額となります。

電装系統の不具合は配線の問題で解決する場合も多く、その場合は修理が比較的簡単なため、査定での減額は少なく済みます。不具合によってはその設備の載せ換えが必要になる場合もあり、その場合は大きな減額となるでしょう。電装系統に不具合がある場合はまず修理点検で、どの程度(修理代金)で修理できる不具合なのかを知っておくといいかもしれません。

保証書などの書類関係

車にはそれぞれ、保証書、取扱説明書、整備手帳、の3点は必ず存在します。これは車を保有しているときは大切に保管しておかないといけません。例えば、保証書は3年保証、5年保証、10万キロ保証などがあります。保証期間が残っているのに保証書が無いといざという時に困りますよね。

上記の3点は査定時に紛失していると減額の対象となります。取扱説明書は単なるマニュアルであり、公式サイトからデータのダウンロードもできるためさほど重要ではありませんが、紛失した場合は5,000円の減額です。

整備手帳は今までの整備状況が記載されているため、査定時には極めて重要な存在となります。保証書も保証期間が残っていればやはり重要な存在です。保証書、整備手帳が紛失状態だとそれぞれ、1~4万円の減額となります。車のグレードや使用年数によって減額数が左右されます。

ちなみに保証書、整備手帳が揃っていれば一律で5,000円のプラス査定になります。各種書類が破損しており、その度合いが大きい場合は紛失扱いになり、減額対象となることもあり得ます。保証書、整備手帳、取扱説明書は大切に保管しましょう。

ここまで解説した減額箇所と内容を以下の表にまとめましたので、ぜひ査定の参考にしてくださいね。

箇所減額内容
ボディ自費での修理が1~2万の場合、査定の減額は数千円。修理費の半分以下の減額と考えればOK。
外板外板単位での交換や元色と同じ塗装でおよそ10万円の減額外板単位で別の色に塗装で20万円以上の減額キズ、凹みはボディと同様。
ドアミラー・サイドミラーリモート操作不能で約3万円減額ミラーカバーの損傷で約2万円の減額。(損傷箇所が軽微の場合は対象外)ミラー部分の損傷は1万円以下の減額。
フロントガラス500円玉以下の大きさのヒビは1~2万円の減額、それ以上だと6~7万円の減額。
その他のガラスキズの大きさがカードサイズ以上か以下かで変わり、熱線入りのリアガラス、サンルーフガラスは約5万円減額、熱線無しは約4万円ドアガラスはその半分程度。三角ガラスは3割程度の割合で減額。
内装タバコとペットの臭いがある場合は程度により、1~2万円の減額。シートは簡易清掃で落ちる汚れなら対象外、大きな汚れやシートの破れなど、取り換えが必要な場合は大きく減額。
エアコン使えない場合は4万円の減額、ガスチャージで直る場合は1万円程度の減額。エアコン関連は最大4万円の減額が相場。
エンジンエンジンの総合的なコンディションで決まり、最大減額は6万円。
エンジンルームエンジンルーム内の汚れ具合で決まり、最大減額で約2万円。
ブレーキブレーキパッドのすり減りや ディスクパッド、ディスクローターの劣化具合、ブレーキオイルの漏れなどで減額。総じてさほど大きな減額対象とはなりにくい。
マフラー消音機能、排気機能のコンディションにより、問題がある場合は3~5万円の減額。改造マフラーは取り換え前提となるため大幅な減額となります。
電装系等設備によりピンキリ。ステレオやカーナビのような走行に支障をきたさない設備なら減額は少なく、エンジン設備に関わるような設備は大きな減額となります。
保証書などの書類関係保証書、整備手帳、取扱説明書の3点が査定対象。取扱説明書の紛失は一律で5千円の減額。保証書、整備手帳の紛失は使用年数やグレードによって1~4万円の減額

関連記事

車査定 年式

車査定では年式によってどのくらい差がある?年式と買取額の関係

車査定 色

車査定で色は買取額に影響する?人気の色は?

車査定 外車

車査定で外車の買取額は意外と低い!?高く買ってくれる業者は?

車査定 メリット

車査定のメリットは?ディーラー下取りと買取のメリット・デメリット

車査定 持ち込み

車査定は店舗へ持ち込みにすると圧倒的不利!査定は出張依頼してみよう!

車査定 サンルーフ

車査定でサンルーフ車が高評価!どのくらい差があるの?